FC2ブログ
名古屋在住、動物とテレパシーで話すアニマルコミュニケーション・セラピスト/マリチ真理の小さな日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラウマ
皆様のポチっ☆ありがとうございます。1位♪
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミニュケーターへ
にほんブログ村
ポチっと☆ 91位感謝です♪
人気ブログランキングへ



今日は、「時間をはずした日」。
時間を気にせず、好きなことをする…なんて
ぴったりですね。


末娘犬がまだ赤ちゃんだった時、
母犬のゴハンに興味を持った…というだけで、
母犬から攻撃を受けました。

091214-8774_IMG.jpg
私の膝で呆然とする末娘犬


母犬とは我が家の長女犬。

健康で子犬のお世話も上手で
ちょっとドライなところはあるけれど、
安心できる母犬でした。
ところが、以前から
「ゴハン」と「おもちゃ」への執着はひと一倍。


で、攻撃を受けた末娘犬、
特に怪我などはありませんでしたが、
心に大きな傷を受け、放心状態に。
一時はどうなることやら、と、本気で心配しました。

(クリサジークは、孤独とストレスに弱い…と言われています)


そんな出来事を乗り越え、
すくすく育ち、
今や、ヤンチャな母犬に喝を入れる存在に成長!

091214_9934.jpg
ふたりはたいてい一緒に居ます。
(左:末娘犬 右:母犬=長女犬)


ところが、母犬のゴハンには
今でも絶対に近付かず、
食後、母犬が誰かの食器を舐めに回っていると
自分はそぉっと立ち去ります。

あの出来事がトラウマを作ったのだと思います。
(長女犬の執着も何かトラウマがあるのかな)


赤ちゃんにとって母親は「世界」と同じ。
そこでしか生きていけない…
そこは幸せで溢れている…
それが一瞬で反転したんですから
自分が壊れそうになっても不思議はありませんね。

当時は、呆然としてる赤ちゃん犬を
ずーっと抱っこし、抱っこしてる私が何度か
レスキューレメディを飲み、赤ちゃん犬の耳の先に
薄めたモノをぬった覚えが・・・


このように動物も
何らかのトラウマを抱えている場合があります。
ひょっとしたら不思議な行動の理由は、
トラウマなのかもしれません。


ps.お陰様で末娘犬 抜糸出来ました♪

「愛犬家族のヒーリング+ケア」ブログ。
http://ameblo.jp/marichi-animalhealing/


◎「動物への祈り」@mixi
にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミニュケーターへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガ出してます。
登録していただければとてもうれしいです。
http://www.mag2.com/m/0000258585.html
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マリチ真理

Author:マリチ真理
動物とテレパシーでお話しするアニマルコミュニケーション・セラピストです。HPはリンクにあります。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

東日本大震災リンク
最新記事
最新コメント
月齢
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。