FC2ブログ
名古屋在住、動物とテレパシーで話すアニマルコミュニケーション・セラピスト/マリチ真理の小さな日常
幼くして亡くなったAちゃんからのメッセージ
皆様のポチっ☆ありがとうございます、感謝の13位。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村




『今回亡きAのACTをしてもらって、
自分の感情のわだかまりが
ゆっくりと溶けていくのを体験しました。

ACTの内容について何かマリチ先生のお役に立てることがあれば
使っていただいてかまいません。

必ず役割があって生まれてきている、それを飼い主も知ることで
ペットロスに陥った方も立ち直れると思いました。
ペットロスに苦しんでいる方に知ってもらいたいです。』

と、Y様からメールをいただきました。


Yさんの愛犬Aちゃんは、
生後3ヶ月でジステンパーのため、お空へ旅立ちました。
一緒に暮らしたのは50日間位。
そのうち10日は闘病の日々でした。


その後、新しい子犬をお迎えになりましたが、
亡くなった子犬のAちゃんのことが
ずっと心に引っかかってらしたそうです。

苦しむために生まれてきた…ように感じた飼い主さんは、
Aちゃんは、何のために生まれてきたのか…を
知りたいと思ってらっしゃいました。


***   ***   ***   ***   


・何のために生まれたのかな?
Aちゃん「経験するため」

・なにを?
Aちゃん「地球に生きること。
(人と暮らす)犬の生活。」

地球での経験が浅い魂のようでした。
今回は覗き見の人生。

Aちゃん「最初から
ちょっとだけ生きることを選択しました。
こわかったから、家族が優しくて
手厚く守ってもらえるお家を選びました。
人と暮らす犬に生まれて、
愛情を一杯注いでもらいました。
とても良いモノだと思いました。」

・良いお家を選んだわね。
Aちゃん「はい。
私、厳選したんです。」←ご自慢のようです。

・お病気になってとーちゃんかーちゃんは心配したでしょ?
Aちゃん「はい。
とても悲しそうで辛そうで、
それを見た私は、肉体も辛いけど、
心が痛かったです。

こんなに優しい人たちを悲しませて居る、と。
それは(今も)心残り。

私がお家を選んだために
大事な人達を傷つけてしまった。
それは申し訳ないことをした、と
今も悔いています。
今度は元気に生まれるから
長く一緒に居たいと思っています。」

Aちゃんは、飼い主さん達が
あきらめられない気持ちや
無念さを抱えていることを感じています。
そしてその部分をAちゃん自身も共有しているようです。


・今世の役割は何だったの?
Aちゃん「一生愛してもらうこと…かなー。
飼い主さんと一緒に暮らす犬として、
地球に生まれたかったので・・・。

とーちゃんかーちゃんを悲しませたけど、
絶望感に負けずに
1日1日を大切に生きることは、
(とーちゃんかーちゃんの)
今生の目標でもあるから
そのサポートも役割でした。

心の綺麗な人達だから、
強さを加味し、
濁流に負けないで生きることを
身につけなければいけないので、
そのお手伝いです。」

「(身を挺して)お役に立てて本望です。」

この後、Aちゃんは、
全然疲れない元気な犬に生まれて、
また一緒に暮らしたい。
長く美味しいものを食べられるように、と、希望を出しています…と
お話ししてくれました。

Aちゃん「いつもかーちゃんととーちゃんに愛を送っています。
愛しています。」と。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
成長した美しい姿で現れたAちゃん。
その姿もまた、飼い主さんへのメッセージなのでしょう。

次回は飼い主さんからいただいたご感想をお届けいたします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メルマガ出してます。
登録していただければとてもうれしいです。
http://www.mag2.com/m/0000258585.html
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マリチ真理

Author:マリチ真理
動物とテレパシーでお話しするアニマルコミュニケーション・セラピストです。HPはリンクにあります。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

東日本大震災リンク
最新記事
最新コメント
月齢
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード